サインポールのルーツを探る
現在弊社で製造しているサインポールは様々なカラーデザインがあります。かつてはしま模様こそ違っても色は赤・青・白が定番のデザインでした。
またサインポールの歴史として一般的に語られていたのは、かつての外科医の頃の名残で、赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表しているものとされていましたが、最近では赤・白の回転筒をサインポールをルーツとする説が一般的です。
随分前になりますが、かつて当社も出演した日本テレビ製作の「TVムック謎学の旅」より引用させていただきます。
中世ヨーロッパでは、髪を切ることは身体を切ることと同じであると考えていたため、外科手術と散髪は同じ場所で行われていました。当時の外科医は、病気の治療手段として 体内から血液の一部を抜き取る「瀉血(しゃけつ)」という治療をしばしば行っていたようです。

番組では「瀉血」を行っていた様子を表している絵を見つけ出します。
その絵は中世ヨーロッパの絵で腕から血を採られている患者が長いポールを杖のように立てて握っています。
その握られたポールが後に「サインポール」と呼ばれる事になります。

採血は受け皿に溜るようになっていましたが、どうしても腕を伝わってポールのほうへ血が流れてしまいます。それを目立たなくするためにポールは赤く塗られました。
そしてそのポールは、当時貴重だった包帯を洗って干す棒としても使われました。
そのポールへ包帯を巻き付けて外に45度の角度で干したのが外科医の象徴、つまりサインポールの始まりなのです。ちなみにポールの先は丸くなっており、その部分は後にサインポールのグローブ(丸いガラス製のカバー)へと変化していきます。

やがて理容店は外科医と分離します。その後お店の看板として使われることになったサインポールに青が加わったとされています。
以上が番組で放映された内容の要旨です。なお由来には諸説ありますのであらかじめご了承ください。